あんしんケア 特定非営利活動法人 千代田会

施設見学はお気軽にご相談ください
お問合せ:0276-70-5660

事例

事例① 転倒骨折

場 所 :
脱衣所
状 況 :
椅子に着席する際、いつもよりほんの少し椅子から離れていたため、バランスを崩し、椅子の横で転倒される。職員も近くにおりましたが、お客様の自立能力を過信してしまい、転倒時には支えられなかった。
対 応 :
① 病院にて手術、約2カ月の入院
② 週2回の訪問看護(リハビリ)とデイサービスとで連携をとり、
  立ち上り、歩行のリハビリを約1カ月で歩行器を使用して、
  歩行が可能となる。
③ ご本人様がリハビリを諦めないよう、
  職員全員での掛け声と見守りを徹底しました。

事例② 退院後の入所

状 況:
要介護4の方が入院中にベッドに寝たきりになり、下肢筋力の低下から立ち上がりが困難になってしまった。ご自宅で介護することができないので、あんしんケアに入所されました。
対 応:
① 車椅子対応と日常生活の中で立上りのリハビリを取り入れる。
② 毎日デイサービスをご利用していただき、乗車時、トイレ、入浴時に
  2人介助により、立上りの自信をつけていただき、
  ご自身の立上り意欲を維持していただくことを
  声掛けなどにより徹底しました。
③ 時間をかけて、2人介助から1人介助となり、
  乗車時、トイレ、入浴時の立上りは、
  ご本人も自信をもっていただけるようになりました。

事例③ 認知症

状 況:
入所されている90%以上の方が認知症です。
症状や認知症の進行状況はさまざまです。
対 応:
① スタッフ全員で一人ひとりの状況、その方の背景などを把握します。
② “なぜ?”問題行動をしてしまうのか、
  その方の言動をそのままとらえて、その方がどう解釈し、
  どのように心が反応したのか?という、
  その方の言動の背景にある事柄、心情を理解することに努めます。
③ 定期的なモニタリングと認知症に関する社内研修を実施し、
  お客様一人ひとりの状況を把握に努めています。

このページのトップへ